株式会社データロジック      Google  サイトマップ掲示板お問い合わせTOP

製品情報サポート会社案内採用情報リンク

  2021年|〜|2011年2010年2009年2008年2007年2006年
  |REAL4に関するお知らせ

 WindowsVistaに関する重要なお知らせ                                   2009.09.01

下記内容の不具合がございました。
ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありません。
 ≪不具合の内容≫
OSが基本 Vistaのときシステムをセットアップした場合、文字化けをしてしまう。


※文字化けの場所は いろいろな所で起こります。
※OSがXPでも起こる場合がございます。

 <<回避方法>>
修正プログラムをインストールしていただく必要があります。
    修正プログラム(約11MB)のダウンロードはこちら

 見積積算システムVer3.49に関する重要なお知らせ                            2009.06.12

見積積算システムVer3.49で下記内容の不具合がございました。
ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありません。
 ≪不具合の内容≫
拾い出し入力画面で、下記条件すべてに該当する場合でボルトや製品ベース
等が共通部材マスタの先頭サイズに置き換えてしまいます。


 ◆条件◆
 @パラメーター全般―『拾い出し入力を起動時にマスタと同期を取る』に
   チェックが入っている場合
 A鋼材以外(ボルトや既製品ベース)
 @入力データが共通部材マスタと食い違った場合
  (例えば、同サイズで単位重量のみが異なる場合など)
 

 <<回避方法>>
積算連動、合算処理の場合は パラメーター「拾い出し入力を起動時にマスタ
と同期を取る」のチェックを外して、再度、連動・合算処理をお願いします。
手入力の場合は 申し訳ありませんが、サイズの打ち変えとなりますので、
当社にご連絡下さい。

修正プログラムをインストールしていただく必要があります。
    修正プログラム(約1.75MB)のダウンロードはこちら

 日立ハイリング工法の修正・機能追加のお知らせ                             2009.04.01

@ハイリング引き当て機能を使用した場合、選定されたハイリング型式の一部が
  日立機材(株)にて選定検討した結果と違うことがありました件 修正いたしました。
AハイリングU引き当て機能に対応致しました。
  ユーザ−様が設定できる項目として、以下の項目をパラメータ設定できるようにして
  あります。下記内容が初期値です。

<工事別2次部材パラメータ−2:スリ−ブ>


負担面積、幅厚比、はり成、塑性化領域の設定項目は用意せず 全て情報取り込みシステムでチェックが入った状態にして引き当てを行っています。
    修正プログラム(約13.3MB)のダウンロードはこちら

 施工図システムVer2.82に関する重要なお知らせ                             2009.02.06

施工図システムVer2.82で下記内容の不具合がございました。
ご迷惑をおかけしまして、申し訳ありません。
≪不具合の内容≫
1.梁詳細図に作図するブレースが、ワッシャーの×入力時にきちんと作図してこない。
2.検査表で、梁のみエクセル出力を行うとエラーになり、出力できない。
※尚 ブレースの長さ等には問題ありません。
 検査表は、柱もエクセル出力していただきましたら、エラーは出ません。

≪回避方法≫
回避策は 修正プログラムをインストールしていただく必要がございます。
なお、下記のシステムをお使いの場合、インストール先を変更する必要がございます。

  ※施工図ライト版をお使いの方
    C:\Program Files\SF Liner2→C:\Program Files\SF Liner2LT
  ※積算連動配置入力をお使いの方
    C:\Program Files\SF Liner2→C:\Program Files\ SF MJRen2


※Ver2.82をお使いのユーザー様のみの不具合です。ご注意ください。
    修正プログラム(約12MB)のダウンロードはこちら

コピーライト データロジック